四国日帰りうどんツアーⅢ

写真は残っていませんが、テレビでおなじみの「竹清」に行きました。

朝行った「さか枝」のちかくの大通り沿いの店です。ちょうど昼になったので

外を見ると大行列。ちょっと車で休憩し、1時近くに店に戻ると

外の行列はなくなっていました。

店が借りているコインパーキングにとめてもどって並ぶと、ちょうど麺が切れたということで

しばしお待ちを・・・。セルフの店でこんなに待つとは・・・。

ここは、奥さんの玉子てんぷらが有名。

てんぷらも切れたらしく、お客さんの名前を聞いて、てんぷらの注文を受けている。

おばさんの手元のメモには ちくわ たまご 山田 

とか、たまご2 佐藤 とかずらっと書いてある。

うちは たまご2 ちくわ 石川 となっているはず。

うどんを食べ終わってもてんぷらがまだ来ない人が、

ボケーっと待っている姿はなんとも・・・

玉子のてんぷらはさほど美味しくなく(第一私ゆで卵好きじゃないから)

衣がつるっと取れればただのゆで卵。

やはりうどんをほぼ食べ終わって、てんぷらがきました。

だんなさんにいたっては完全に食べ終わっており、わたしが

少し汁とうどんを分けるという始末。ありえませんね。

hariyagennkann.JPG
次は、都会にありそうなチャンとした店構えの

「はりや」

だんなさんの計画通り、フェリーの近くで最後のお店にします。

外に行列はありませんでしたが、中はすべてカウンターで、

その後ろにずらっと人が並んでいました。ここは、セルフではなく薬味から何からすべて

きれいに出してくれる普通のスタイルのお店です。

値段も普通で、天ざるで700円。東京や大阪だったら安いと思えるのに、ここで700円

だとすごく高い感じがします。だんなさんはかしわのてんぷらのざる。

鶏の胸肉をてんぷらにしたもの。ここは、げそのてんぷらも人気のよう。

麺はこしがあってかなりの歯ごたえ。つゆはちょっと濃い感じ。

ただ、これだけ満腹で6軒目でもおいしいと感じるので

美味しいお店だと思います。

1時半だったけど、私たちの二人あとで

麺は終了。暖簾をいれていました。

駐車場に戻る途中でおじさんとすれ違ったけど、お店の営業終了の札を見てがっくり戻ってきていました。
50ec0e17.JPG
←フェリー乗り場からみる屋島

ここで、源平合戦があったのね。

3時半に出航したフェリーは、行きと違ってとてもマナーのいい

お客ばかりでぐっすり眠れました。

途中、明石海峡大橋(あってるよね。多分)や、夜景がとてもきれいでした。

瀬戸内海はとても静かでほとんど揺れません。帰りは酔いどめを飲むことも無く

快適でした。

fery.JPG

行きも帰りも同じ「りつりん」

高松の栗林公園からとったのでしょう。

お世話になりました。

だんなさんがあちこち連れて行ってくれるし、だんなさんの友人たちが

本当に親切な人たちで、私が大阪になじんでないのかと心配して?

誘い出してくださる。

東京にいるときはずっと子育てで、自分で計画して

出かけることはあったけれど、もともとそういうことが苦手なので結構大変でした。

連れて行ってもらえる心地よさ。その代わり自分がどこにいるのか

よくわかっていないことがありますが・・・。いろいろ楽しめて、

本当に、皆さんに感謝しています。

おばさん感激。

Submit a Comment