ボヘミアンラプソディ 観てきました

休日だったので、かなりの大きなホールだったんですけど、ほぼ満席に近かったです。 まだまだ人気の映画。 好きな人は何度も観に来ているという評判。 誰もが知っているクイーンの有名な曲が次々に流れてくる。   でも、のりのりで合唱するのかとおもいきや、みんなシーンと観ている。 やっぱり日本人だからかな。 エイズは今ではコントロールができる病気となっているそうですが、たった30年前は不治の病だったことを考えると 医学の進歩ってすごいです。  ...
踊る大捜査線

踊る大捜査線

行ってきました。 私は泣くところはなかったけど、 旦那さんは、なんか泣いていた。...
行ってきました

行ってきました

旦那さんがずっと行きた 言っていた、MIBをみてきました。 なんばのチケットショップで 前売りを手に入れ お菓子かって。...

踊る大走査線

懐かしい・・・が感想。 子供がまだ、小学生のころ一緒にテレビで見たり 中学生の頃も、二人で映画見に行ったりしました。 あのころはいつも一緒だったな・・・。 今じゃ、1年に、数日会うだけですけど。 電話では割と話しているほうだと思いますけど。用のあるときだけですが。 今回は、大雨の中だんなさんの運転で、八尾のシネコンへ いつもは、まばらな観客なのに、最前列をのぞいて ほぼ満席!わたしは、ネットで先に購入していたので、かなりいい席に(しかも 渋滞でおくれて上映中に入ってしまった)座れましたが。...

笑う警官

「笑う警官」観て来ました。 実際に起きた北海道警の汚職事件を土台に描かれた 組織犯罪(暴〇団ではない)のお話。 原作とはかなり違う結末になっているようだけれど、 警察官の正義と組織の正義はまったく違うものだと、改めて実感させる。 どの組織でも、実際に謳っていることと、行っていることは違うもの。 組織を守ることが正義で、その中の悪を正そうとすることは すなわち邪悪なこと。 スケープゴートとして、念入りに仕立て上げられた婦人警官が殺される。 人殺しまでも容認される組織。実際に手を下さないまでも...

ショーシャンクの空に

ずーっと見たいと思って、なかなか見ることができなかった映画。 東京ではビデオがあったので、時々観ていましたが 先日聞いたら、息子が捨ててしまったとのこと。がっくり。 2人でよく観たのに・・・。近所のレンタルDVD屋さんにいっても、 貸し出し中のことが多く、3ヶ月くらい前からときどき見に行っていましたが やっとみつけました。だんなさんが「私をスキーに連れてって」を借りたいと ひさしぶりにみにいったら、それは無かったけど、ショーシャンクがありました! 爽快なラストシーン。...