お掃除教室

掃除人の感想・・・最近販売されている、自動フィルター掃除機能つきのエアコンですが意外にフィルターが汚れているところが多いです。

しかも、構造が複雑で本体の値段が高いうえにエアコンクリーニングもしにくいので、あくまでも掃除屋の意見ですが利点があまり感じられない気がします。

換気扇の維持について

レンジフードに、市販の繊維フィルター等を お使いのお客様がいらっしゃいますが、どのメーカーホームページを見ましても、使用を禁止している場合がほとんどです。理由は、火災予防条例上使用が制限 されている。また、風量低下の原因になります。とありました。どういうことでしょうか・・・。しばらく前にたくさんの方が犠牲になられた居酒屋火災があり ましたが、その原因はガスレンジの付近に布製の装飾が施されていて、それが天井中にも飾ってあったということでした。それは数ヶ月をかけて毎日立ち上がる 油分をゆっくり染み込ませ、ついにはとても発火しやすい状態になっていたことでしょう。繊維状のフィルターも同じことです。さらに、風量低下になるという ことは、モーターに通常より多くの負荷がかかってしまっているということです。期待している換気の効果を落とすばかりか、換気扇の寿命も短くしてしまうと いう、2重3重のトラブルの原因となっています。以上を踏まえて、当社は繊維フィルターの使用はお勧めしません。

エアコンクリーニングについて

エアコンクリーニングについても同様のことが言えます。しばらく前によく販売されていました、スプレー式のエアコンクリーナーは、 汚れを落としきれないばかりか、残ったほこりと汚れをこびりつかせ、異臭を放つ原因になります。当社は、洗剤洗浄→中和→水ですすぐ→乾燥という工程を経 ます。洗浄~水で流す過程で、内部にたまった汚れがすっかり落ちるまで洗浄します。たくさんの埃の塊や、泥汚れのような液体が出ますが、これが、スプレー 式で済ましてしまうと、中ですべて固まってしまうので、頑固な汚れとなって落ちづらいのです。独特の臭気がありますので、スプレー式を使用したということ がわかるのです。通常の2倍の時間をかけても、落としきれないほどのこびりつきになっています。また、残った洗剤は、エアコンの故障につながる場合があり ます。どうぞ、健康と、エアコンの寿命のために(エコ?)スプレー式による洗浄にはご注意ください。