気になることが多いと、体調不良になりやすい?

総合医療評論家、亀井真樹氏によると

物がいっぱいあふれている家は原因不明の体調不良が多いそうです。

玄関に靴がいっぱいあったり、

廊下に物が散乱していたり、

書くへに時計とカレンダーがおいてあったりなど、

物であふれている家では原因不明の病気になる人が多い。

人は1日の中で無意識に200~300の決断をしている。

玄関に靴がいっぱいあると、

どれを履いてでかけるか、なども決断の一つ。

 

必要以上に決断する場面が多いと、疲れてしまいますね。

 

エアコンや、換気扇の汚れも、気になりつつも 後回しにしていると、

なんども考えることになるので、ストレスになるかも。

あまり運気ということに、詳しくはないのですが

同業者の方は、「換気扇は悪い気が出るところなので常にきれいにしておくことが大切です」

など、お客様に勧めています。

 

脳科学的にもストレスがたまらないということが、自然と 昔からの気の流れという考えと

合っているみたいですね。

 

いろんな考え方がありますが、確かに空気の流れるところをきれいにしておくのは、

お部屋にも体にも、機械(エアコンや換気扇の寿命)にもよいです。

 

気になったら、さっそっくお申込みくださいませ^^

 

 

 

 

Submit a Comment