暑くなるまえに、エアコンの掃除を!

いつの間にか、梅雨ですか?
しかも寒い。

体調も崩しやすくって、夏風邪をひいて
いる人もちらほら。

ここ数日で夏しかエアコンをつけない方も
ちょっとつけてみたら、冷たい空気が出ないと
あわてて修理を頼まれる方もいるかもしれませんね。

昔私が住んでいた団地の外壁塗装の際に
室外機を何度か移動させた形跡があり
どうにかしたらしくて、いざ暑くなったとき
スイッチを入れたら、冷たい風が出てきませんでした。

団地の管理者に問い合わせたら、外壁を
塗装した業者と話し合ってくれとのこと

修理代も払うから、業者さんが知っているメーカーの
修理業者を向かわせるといわれ、日にちがあいてなくて仕事を休まざるを得ませんでした。

とりあえず、メーカーの方に来てもらい、
作業を見守ると、ガスしか入れてくれていない。

私:「ガスが抜けているだけじゃなくて、たぶん
配管がねじれてしまってるんじゃないかと思うのですが・・・」

修理の人:「僕もそう思うんですけどね。でも、(業者さんの)
依頼が、ガスを入れるだけにしてくれっていわれててね・・・。
たぶん無駄な作業になりますよこれ」

私:「ええっ。どうしてそんなこと・・・。仕事休んでまで
たちあっているのに・・・。」

結局次の日には、ガスは抜けて、また業者に電話をすることに。

対応はいいのか悪いのかわからないけれど、
うちのエアコンが新品じゃないということで
半分出すから自分で買ってくれとのことでした。

でも、ちゃんと使えてたのに。

休みを返上して、エアコンを買いにいき
そしてまた仕事を休んで取り付けてもらったのでした。
そして、3万も自腹を切らされたという
苦い思い出があります。

みなさん、エアコンの室外機の移動には注意しましょう。
かならず、作業前にはエアコンが効いているか確認して
作業後も壊れていないか、使ってみたほうがいいと思います。

ちなみにうちは修理はできません。お掃除専門です。すみません。

Submit a Comment