懐かしい

 

LaLa

 

 

 

 

 

 

 

先日、阪神百貨店にて 少女マンガの原画展が行われていました。

たまたま阪急梅田店にいたので、すぐに移動。

懐かしい原画がいっぱいでした。

 

私が知っているものは、初めのころの一部で その後しらない作家さんが延々と

作品を書いていたのが、なんだか時代の流れを感じました。

観に来ていたお客さんも、私の年代の人が多かった。

あの頃、わずかなこづかいで

買える漫画も限られていて。私は、「花とゆめ」と「LaLa」

なかでも成田美名子さんの、『エイリアン通り』が大好きでした。

 

今回、原画展で1枚50000円もする版画(成田さんの)が、何枚も購入されているのが

読者が大人になっているのを感じさせました。

 

 

 

Submit a Comment