天草

旅行というわけではないけれど、従妹の子供が
 
5歳になるというのに、お互いのタイミングが悪く
 
まだ1度も会えてないことに、かなりの焦燥感を覚えていて
 
今回、漸く行けました。天草!
 
佐賀から天草は、家から30分程の柳川(本当はもっと近く
 
から入れますが、ちょっとケチって)から九州自動車道に入って
 
2時間走って、松橋(まつばせ)というところで降ります。
 
それから2時間、有明海沿いの美しい海岸線をひた走るのです。
 
昨日は土砂降りで、ただ灰色の海を見ながら
 
横から降る雨の中、いくつか島を通り過ぎたどり着きました。
 
いとこの嫁ぎ先は天草の中心部にあるお寿司屋さん。
 
katurazusi2.JPG決して狙ったわけではありませんが、お昼近くについてしまい、
 
こんなご馳走をいただいてしまいました。
 
忙しいのに、余計面倒をかけてしまって、従妹に申し訳ないことをしてしまいました。
 
罪滅ぼしに(はじめからそのつもりでしたが)近くのジャスコに
katurazusi3.JPG 
子供たちを連れて遊びにいきました。本当は公園に行きたかったのですが
 
相変わらずの雨模様。
 
5歳の男の子は、「おれは、お母さんが一緒じゃないといけん。」と、強がることなく
 
母の同伴を要請。従妹と1歳の弟と、わたしとだんなさんと5人で出かけました。
 
5歳の子は、とても感受性が強く、気が利いていて喜びも悲しみも人一倍感じるようで
 
まるで自分を見ているよう。
 
katurazusi.JPG私たちをもてなすために、大きな紙とはさみとマジックを持ってきて
 
道路を作ってくれていました。その間ずーっといろんなおしゃべりをして
 
楽しませてくれます。ところが従妹が来てハッと気づいたのが、その紙は
 
じつは、5月まで貼る必要のあるポスターだったのです。
 
従妹は怒ったりしたわけではないのですが、自分がへまをしたことに気づいた
 
従妹の子は、みるみる表情がくもり、大声で「もう・・・台無し!!」
 
と、つっぷして大泣きを始めました。せっかく機嫌よくもてなしてくれていたのに
 
可哀想でした。けど、おかしくて仕方なかった。まるで、自分を見ているようでした。
 
激しい気性です。
 
ジャスコで一番楽しんだのは誰でしょう。

naokishion.JPG

Submit a Comment