四国日帰りうどんツアー

行ってきました!!四国うどんツアー 

だんなさんが楽しみにしていろんな計画を立ててくれました。私はただついていくだけです。

と、いうことで木曜日の夜、お風呂に入ってすっぴんのまま

だんなさんのお父様が梅田まで送ってくださるというので、お言葉に甘えて

団地の下で22時ちょうどに待っていると・・・。来ない!

5分待ってもなかなか車はきません。いやな予感がすると、だんなさんが電話をすると

お母様が電話に出られて「お父さんは今お風呂」。どうして???

とかいろいろハプニングがありましたが、無事フェリーに乗り込み、明日のうどん

巡礼を夢見て雑魚寝しました。

nakanisi.JPG
1軒目 「なかにし」

初めてで何もわからず、店内は常連さんばかりのようで

私たちはうろうろ。だんなさんが意を決して、

「初めてなんで」と、店の女の人に尋ねると「どんぶりとって、うどんはあっちで温めて」と、とてもそっけない

なにやら、値段もさっぱりわからず、おあげとコロッケがあったので1とつずつとる。

よくわからないので、女の人のほうを何度も見るが、まったく無視。

混んでいないのだからすこし教えてくれても・・・。

なんとか席について食べてみると、なんか麺がゴムみたいな食感・・・。

このときは本場の讃岐うどんってこんなものなの?と、なんだか今日はこういうのを食べ続けるのかと

不安になるくらい、私の口には合わないものでした。(あとで、おいしいのに出会ったので安心しました。)

なんせ、太い上に弾力が無く、中途半端なゆで加減で、しかも麺自体に塩が効きすぎている。

だしは、薄めでなかな美味しかったけれど・・・。1玉200円であげが100円

これは後でわかったけど、結構高い値段でした。

接客も、どこもこんな風だったらいやだなーというお店でした。

だんなさんも、5時30分にあいているのはここくらいだから仕方なかった、ということでした。

次に行ったのは

takamatusiyakusyo.JPG高松市の中心地。

県庁やら市役所などの裏通りに

6時から営業している

sakaeda.JPG    

「さか枝」

ここもすでに、常連さんが結構いらして、

あとは、私たちと同じ、うどんを一日食べまくるぞっという雰囲気の

若い男女が、1組。活気があって、おばあさんが私たちにすぐ声を掛けてくれて、

「ゆでてあげようか?」てな感じで、どんどんすすめてくれました。

掛けうどん1玉160円 てんぷら80円。

麺はちょっと細めでのど越しはいいけど、こしが無い。だしはちょっと味が強めかしら。

それぞれてんぷらを1つずつ頼み、ふたりで480円とは!

家の近所にこんな店があったらなあ・・・。

レンタカーに戻ると、うどん屋さんのすぐ近くのアパートから降りてきた男性2人組みはすぐさま

うどん屋に吸い込まれていく。行くよね。当然。うらやましい・・・。

さて次はどこへ。

でも、結構おなかいっぱいになってきましたけど。

時刻は7時前です。

だんなさんはすぐに次の店の前に車をつけたのですが、わたしはもう

無理。休憩を願い出ました。でも、だんなさんは不満げ。でもでももう無理無理。

だって、フェリーの乗客が変な人ばっかりでほとんど眠れなかったんだもん。

お年寄りのグループは、深夜1時半だというのに、お弁当を食べ

しかも、かなりの音を立て大きな声でしゃべりまくる。

最後には飲んだビールの缶をバリバリと大きな音を立てて

つぶすというご丁寧さ。寝ている人も結構いるのに・・・(当然)

若者3人組は、携帯を鳴らしまくり(深夜3時ごろまで)ずっとしゃべり続けている。

お菓子の袋に手を入れたり出したりする音と、修学旅行かっていうくらい遅くまで

ずっとずっとしゃべっている。船の中に常識は存在しなかった。

そのため私は、いつの間にか寝てしまいました。

気がつくと、さっきと違うお店に着いていました。

ここは、フェリーから遠いので予定には入ってなかったけれど

どうせもうそんなに食べれないし時間も空けたいということで

だんなさんが急遽変更してくれた、「がもう」

gamougennkan.JPGgamouzenntai.JPG店は8席しかないのに、駐車場は

ものすごく広い。

8時半からあくそうだけれど

すでに、駐車場には

何台も車が停まって、開店を待っている。現在の時刻8時10分。

入ると、狭い店内に開店時間前なのに、常連さんがたくさん。

ここは、お店の人がどんぶりに麺をよそってくれるスタイル。

親切に誘導してくれる。

中ではもう席が無いので、外で食べると    おいしい!!!

これこそ、行列ができるのもうなずける おいしい讃岐うどん。

細めの麺だけれどこしがあって、でものど越しもいい。しかも、基本は130円。

てんぷらも80円。接客もとてもさわやか。

四国まできてよかった。

顔を上げると、もう行列ができていて車もさっきよりかなり増えていました。

ここで、私の実家にお土産を送ったのだけれど、4000円近く買ってしまった。

うどん自体は安いけれど、こういうので儲けているんでしょうね。

お土産用の売店は別棟になっていて、おそらく昨日の依頼の分が店内に山と積んでありました。

調子も乗ってきたし、次はどこに行くの?時刻は8時30分。

帰りのフェリーは3時30分

後半へ続く

Submit a Comment