佐世保2

佐世保滞在もあとわずか。京町の商店街あたりで人気のお店をいろいろ紹介していただきました。

おいしく日本酒が飲めるお店として、女性2人でやっておられるところを教えていただき、行ってきました。

すっかり出来上がったおじさんたちが先客としておられ、気持ちよくママとお話されていました。2kinkiri.JPG

店の女性はママと呼ばれるのにぴったりの感じ。

でも、もうすぐ大きなとおり沿いにお店ごと移転するということ。

このあたりのどこに行っても、最近時化が続いていてあまりいいものは

入ってきていないといわれることが多く、この店もそう。

でも、いい形のアゴ(トビウオ)が手に入ったということ。

いただくと、出汁に使われるこの魚は本当においしくて、鯵や鯖とはまた違ったうまみがありました。

だんなさんが、珍しいお酒と言ったらお店の人がちょっとだけ飲ませてくれました。金霧島と黒宝霧島。

体によさそうな味がしました。

2kakiparty.JPG
次の日は

知り合った居酒屋の大将に連れて行ってもらった、小佐々の〇〇水産。

大きないけすがいくつもあって、その中にはヒラス(ひらまさ)や、

ヒラメ、牡蠣やさざえがたくさん。(沢山だと思ったのは、私達だけで

昨日は漁が休みでほとんどいないということ)。大将の知り合いの店で、ちょっと安くしてもらいました。

もともととても安く、卸値だとそれよりさらに安く取引してもらえるとのこと。

さらに、いけすで傷ついたもの(ほかの魚の尾びれで目が傷ついた鯛とか)は、7割か6割の値段で買える)
3kakiparty.JPG
こんな知識を入れて私は何になるつもりか?

さらに、パールシー近くの(佐世保でパールシーといえば

ハウステンボスより絶大な人気のあるスポット)

養殖業のお店で、1Kg200円の小ぶりの牡蠣を5kg買いました!!

ちょっとおまけしてくれて、5.6Kgを1000円で!!!

お魚屋さんでよく見る長方形の発泡スチロールの箱に、いっぱい入って1000円!!!!!

早速帰って牡蠣パーティー。生でも食べられますが、

素人だからあけるのにとても時間がかかる。なので、電子レンジでチンして、

パクパクパクパク。

ああ、もう佐世保に永住したい。

Submit a Comment