フランダースの犬

朝、どこかのテレビ局で「フランダースの犬」を放映しています。

以前、ハイジを放映していたときは、仕事で最後の5分が見れないため、録画しておいて、

帰ってから見るのを楽しみにしていたのに、フランダースの犬はどうしても見る気がしない

のは、やはりあの残酷なストーリーのため・・・?

子供のころは、リアルタイムで見ていて、テレビの前にカセットデッキを持ってきて

録音して楽しんだものです。でも、大人になるとあの明るい「ランランラン」という

曲が流れるだけでもうイヤーな気分になります。

それは、「ほたるの墓」も同じです。先日も、終戦記念日前後に放送されていましたが、

画像を一瞬見ただけでスルー。現実はもっと厳しいのでしょうけど・・・。

9898.JPG
なんだか、心かき乱されるのが負担になってきた今日この頃。

年なのね・・・。

本を読むにしても、おき楽な感じのものを選ぼうとしています。

ますます頭が悪くなる・・・。
ニュージャージーの黒牛
(まったく関係ありません)
でも、食肉なので、せつないのは同じ?

Submit a Comment