オコゼ

知人の、ダイニングバーのメニューの参考にと、

何件か、佐世保の飲食店を食べ歩きました。

とてもすばらしい出会いがあったり、勉強になることがたくさんありました。

ある、ちいさな居酒屋での出来事。

お店はこざっぱりとして、おじさんとおばさん、おばあさんと、かわいい

アジア系の若い女性とで、切り盛りされている様子。

基地の町佐世保らしく、店の中にはイージス艦やたくさんの軍艦の写真が

かざってあり、お客様も自衛隊の方がすでに居られました。

安くておいしいという評判だったので、300円~500円くらいのものを

2~3品頼みました。さっと料理しては、出してくれます。

店主らしき方は自衛隊の方たちとよく話をしておられ、私たちには

さほど関心を払ってはいません。

座敷もあり、そこの奥のドアにはなぜか「コンピューター室」とプレートが貼ってある。

普通の、どちらかというと、古いただの住居へつながるドアにしか見えないけど・・・。

それから、店主がやおら奥に下がり、衝立を私たちの視線から入り口をさえぎるように

広げる。しばらくすると、コンピューター室のドアが開き、そこから・・・おじいさんが

店主に抱えられ、出てこられた。

やはりただの住居へとつながるドアでした。おじいちゃんにご飯を食べさせて(もちろん

私たちからはほとんど見えません。)店主は、またコンピューター室へとおじいちゃんを

連れて行ったのでした。

日本の国防がここで支えられているのかと思いました。

ちなみに、今日のお勧めメニューというところで

だんなさんが オコゼって書いてあるけど、食べたことないから頼もう、というので

頼みました。

すると店主の態度が一変。おばあさんも張り切って笑顔で話しかけてきます。

小さい魚のから揚げかなんか出てくるのかと思ったら、

結構大きな、グロテスクな頭の魚のおつくりが出てきました。

身は透明で、薄く皿いっぱいに広げられていて、まるでふぐのよう。

皮と、胃袋が湯引きしてあり、肝もきちんと蒸してあるようでした。

これはちょっと高いかも・・・と思いながら、それでもあまりのおいしさに、

二人でパクパク。

最後には、お味噌汁に仕上げていただき、終了です。

さあ緊張のお会計。

・・・どう考えても、オコゼ1匹で4500円超えでした。

ははは。知らないってすばらしい。

店の皆さんから、愛想良く「またおこしくださーい」と、言われました。

たとえまた行ったとしても、

もう2度とオコゼは食べられないから、いい経験しました。

Submit a Comment